作詞:大倉雅彦  
作曲:Clara
歌:Suara


哀(かな)しみ幾多(いくた) 乗(の)せし艦(ふね)
滅(ほろ)びの唄(うた)の声(こえ)高(たか)く


暗(くら)き水底(すいてい)より 浮(う)かび来(こ)し


あぁ君(きみ)と今(いま) 白銀(しろがね)を抜(ぬ)け
大空(おおぞら)へ二人(ふたり)飛(と)ぶ日(ひ)の
来(く)るを夢見(ゆめみ)ん 来(く)るを夢見(ゆめみ)ん


重(かさ)ならん宇宙(そら) 二(ふた)つ在(あ)り
憎悪(ぞうお)と戦(せん)の焔(ほむら)立(た)ち


幾多(いくた)血潮(ちしお)は流(なが)れかし


何(いず)れ往(ゆ)く 波濤(はとう)眩(まばゆ)き
海神(わたつみ)を只(ただ)我(わ)が想(おも)い
君(きみ)に告(つ)げず 君(きみ)に告(つ)げずに


やがて飛(と)ぶ 蒼穹(そうきゅう)の果(は)て
吾(われ)独(ひと)り彼(かれ)の面影(おもかげ)を
胸(むね)に抱(いだ)き 胸(むね)に抱(いだ)きて


帰(かえ)りなん 産(う)まれ来(きた)し其(そ)の前(まえ)の國(くに)
何(いず)れ逢(あ)う日(ひ)を 心緑(こころよすが)に
創作者介紹

新聞吐槽課

shintaro 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()